ピルは経口避妊薬とも呼ばれ、妊娠を防ぐことができる薬です。ピルには、女性の卵巣でつくられる女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモンが主成分となっており、女性ホルモンの作用を利用します。

女性ホルモンは、脳からの指令によって卵巣から一定のリズムで分泌されていますが、ピルを服用することで女性ホルモンは体外から取り入れるため、脳が「すでに必要なホルモン量が分泌されている」と認識すると、ホルモン分泌の指令を卵巣に出さなくなります。すると、卵巣はホルモンの分泌を止めてしまうために排卵が起こらなくなり、妊娠しなくなるというメカニズムになっています。

卵巣のホルモン分泌が止まると、卵胞は発育することがなくなるため、排卵が抑制されます。そこに精子がやってきても卵子と出会うことがないため、受精せず、妊娠することはありません。また、通常、月経周期とともに受精卵が着床しやすいように子宮内膜が増殖して妊娠に備えますが、ピルを服用している間は子宮内膜は増殖することがなくなるため受精卵は着床しにくくなります。さらに、ピル服用によって子宮頸管から分泌される頸管粘液を濃くするため、子宮口が狭くなり、精子が侵入するのを防ぎます。これら3つの作用が同時に起こるので、ピルを服用している間は、ほぼ妊娠することはありません。

ピルには、避妊効果だけではなく、生理痛や経血量の軽減、生理不順や貧血といった生理に伴うトラブルの改善、ニキビや多毛症といったホルモンバランスの変化によるトラブルの改善、卵巣嚢腫や子宮外妊娠などの排卵抑制による改善効果、良性の乳房疾患や子宮体がんのリスク軽減などの女性に嬉しい副効能が得られることから、副効能を得る目的で服用している人もいるほどです。

▼辛い生理痛でお悩みの方はこちら
ピル 通販
▼我慢しないで使ってみましょう
生理痛緩和